群馬中金ユース会 秋の勉強会を開催
 

   群馬中金ユース会(会長:大西健太郎氏)は、平成27年11月27日(金)、恒例の秋の勉強会を開催し、栃木県宇都宮市の富士重工業株式会社航空宇宙カンパニーの工場を視察した。
 同工場は防衛関連のヘリコプターや民間航空機部品を取扱っており通常非公開のところ、前橋支店所属組合のメンバーの方のご縁があり、富士重工業様の特別の計らいで実現した。
 視察では、会議室にて航空宇宙カンパニーの概要・沿革について解説を受け、試験飛行用滑走路周辺の広大な敷地に点在する工場3棟を一つ一つバスで移動しながら見学した。
 自衛隊向けヘリコプターや海上保安庁の初等練習機を手作業で修繕している現場や、ボーイング向け中央翼の製作現場も見学。中央翼部材の接合が伝統的なリベット接合により行われ、かつ、意外にも職人による手作業で行われている工程を見学させていただいた際は、納入先から高い精度が要求されていること、厳格な納期管理が行われていることなどの説明をいただいた。
 参加者の中にはスバル車向け部品で経常的な取引がある方もおり、大変興味深く解説に聞き入っていた。
 夜は鬼怒川温泉に一泊し、忘年会を開催。ビンゴゲームでは大いに盛り上がり、会員相互の親睦を深めた。

群馬
▲戻る


商工中金全国ユース会