堺商工中金ユース会 フィリピン(マニラ・セブ島)研修視察旅行を実施
 

 堺商工中金ユース会(代表幹事:山下隆也氏、倉津孝夫氏)では、平成28年6月9日〜12日の4日間、フィリピン・マニラおよびセブ島への研修視察旅行を総勢12名で実施した。
 マニラでは、まずJETROを訪問。「経済概況と進出日系企業の動向」等の説明を受け、フィリピンの実像を把握するとともに今後の可能性等について意見交換を行った。その後、大和精工株式会社様の全面的な協力を仰ぎ、同社現地法人の工場を視察。現地の苦労話や経済情勢等について説明を受け、活発な質疑応答も行われた。
 セブ島では、現地工場を視察した後、現地の日本語学校や英語学校を視察。セブ島からフィリピン人研修生を受入れている山下代表幹事の人脈を最大限活用し、現地人の能力の高さや勤勉さを直接確認する機会が得られた。
 3泊4日という短期間の研修視察旅行ではあったが、現地工場の運営状況や現地人の勤務振りを直接確認でき、会員にとって大変有意義なものとなった。

堺1


堺2
▲戻る


商工中金全国ユース会