新潟中金ユース会 企業見学会及び講演会を実施
 

 新潟中金ユース会(代表幹事:小田嶋 壽信氏)では、毎年12月に定例行事として「企業見学会・年末懇親会」を開催し、会員間の懇親や親睦を深めている。
 今年度は平成28年12月6日、ユース会会員:株式会社羽生田製作所の企業見学会を実施(参加会員22名)。開催に先立ち、当社窪田社長より、会社概要やTQM活動等についての取組状況の説明があり、その後、2班に分かれ工場見学を実施した。会員からは「日頃顔を合わせている会員同士であっても、会員企業の製造現場について見学する機会はなく、大変有意義だった」「QCサークル活動を見える化し、従業員のモチベーションアップを図っている数々の取組みが素晴らしく、是非我が社でも参考にしたい」等の声が多く聞かれ、内容の濃い見学会となった。
 その後、場所を地元湯田上温泉のホテル小柳(ユース会会員企業)に移し、年末懇親会を開催(参加会員25名)。近時若手メンバーが増えてきていることもあり、1年を締めくくる盛大なフィナーレとなった。

 平成29年2月16日には、毎年恒例の「定例総会・講演会・懇親会」を新潟グランドホテルにて開催。講演会には、税理士・公認会計士の渡邊芳樹先生を招き、「時代に合わせて多様化する事業承継〜29年度税制改正が事業承継に及ぼす影響」と題し講演をいただいた。ユース会員の中にも事業承継は不可避のテーマであることから、「事業承継は喫緊の課題であり、今回の講演は税制改正との関係も解説していただき、内容も分かりやすく大変勉強になった。」と総じて好評であった。
 引き続いて行われた懇親会には、新潟県産業観光労働部/産業政策課長を来賓として迎え、会員・OB38名が参加。渡邊芳樹先生にもご参加いただき、時間の許す限り会員と事業承継について情報交換を行った。懇親会の終盤では、「会員PRコーナー」を開催。宿泊業の会員からは「ユース会限定プラン」の案内、新婚の会員からは近況の報告等、時おり笑いも交えつつ内容の濃い懇親会となった。


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟
▲戻る


商工中金全国ユース会