中金庄内ユース会 創立30周年海外視察研修旅行を実施
 

 中金庄内ユース会(代表幹事:加藤聡氏)は創立30周年記念行事として、平成28年11月3日〜5日に総勢13名の参加を得て、香港・深センへの海外視察研修旅行を実施した。
 初日は商工中金香港駐在員事務所三田所長と面談。華南地域を含めた当地の景況や日系企業の動向等、現地での生活ぶりも交えながら説明をいただいた。特に不動産をはじめとする香港の物価水準の高騰ピッチは想像以上であり、改めて驚かされた。香港の最新情報に触れる大変興味深い訪問であった。
 二日目は陸路で香港から片道約2時間の深セン工業団地に移動し、中金庄内ユース会の会員企業であるアサヒ電器工業株式会社の現地法人山形朝日電器有限公司を訪問。ユース会のメンバーでもある同社難波社長の案内で、約250名の現地スタッフがプリンター等の電子基板の組み立てを行う様子等を見学させて頂いた。高品質な製品を供給できる管理体制等の説明をいただき、活発な質疑応答も交わされた。海外での生産体制について、大いに理解を深めることが出来た。
 工場見学後は深セン市の公社を訪問、難波社長のご尽力により公社幹部とも面会させていただくことが出来た。
 今回の創立30周年記念海外視察を通じ参加者全員が刺激を受け、ユース会メンバー間の懇親も深まる大変有意義な研修旅行となった。

庄内


▲戻る


商工中金全国ユース会