熱田中金ユース会
押上ユース会との交流会を開催
 

 熱田中金ユース会(代表幹事:半谷眞一郎氏、中村明氏、大橋正和氏)は、平成30年4月12日から13日に押上ユース会(会長:西村紀一氏)を招待し、二日間にわたる交流会を開催した。今回の交流会は、昨年10月の「第30回全国ユース会全国交流大会(東京)」の際に、押上ユース会から『おもてなし』を受け、翌日には名門「鷹之台カンツリー倶楽部」で対抗戦を開催して頂いていたことのお礼として開催の運びとなった。
 初日、熱田神宮を参拝したあと、三大産地でトップの三州瓦を製造する株式会社鶴弥(代表取締役社長:鶴見哲氏(当ユース会員))の阿久比工場を 視察。全国シェア2割に対応した業界最大級の工場設備に圧倒されると共に、環境にやさしい新製品に驚きと感動を覚える一時を過ごした。
 視察後は、熱田が誇る約1,000 坪の優雅な庭園と歴史ある邸宅「料亭 賀城園」にて両ユース会総勢30名により懇親会を開催し互いに懇親を深めた。
翌日は、東海クラシックで有名な「三好カントリー倶楽部」において対抗戦を開催。2回目の交流会は大いに盛り上がり、白熱した 勝負は当ユース会が見事にリベンジを果たした。参加者からは今後も兄弟関係のようなユース会として定期的な交流・情報交換が期待 できるとの声も頂き、正に全国ユース会スローガンである「88ユースin Harmony」に呼応した絶好の機会となった。  

熱田


▲戻る


商工中金全国ユース会