川崎中金ユース会
会員企業東北工場研修旅行を実施
 

 川崎中金ユース会(代表幹事:田中直哉氏、麻生敬三氏)は、平成30年5月11日〜12日、会員企業の東北工場研修旅行を総勢22名で実施した。
 先ず、岩手県北上市にて、北東北屈指の設備と種類を有するめっき工場を展開し、東北はもちろんのこと全国に730社もの顧客を抱える株式会社 薄衣電解工業(代表取締役社長 薄衣敏則氏)の北上工場を見学。実際に、金属皮膜を生成する、「めっき作業」を体験するとともに、徹底した多品種少量生産を掲げ、ハンドワークを重視する職人集団の卓越した技術を実感した。
 続いて、花巻市にて、昭和グループの中核として高次元の精密板金加工・実装組立を体現する十和田精密工業株式会社(代表取締役 社長 須藤彰宏氏)の花巻工場を視察した。受注から納品までの一連の業務を、すべてグループ内で行える強みを活かし、工場間のオンラインネットワークを確立。図面の即日データ化と、トラック便での翌日着を実現しており、緻密に稼働するスピード感のある生産体制に感嘆の声が相次いだ。
 視察後は、岩手商工中金会の会員企業であるホテル花巻(代表取締役 安藤昭氏)で懇親会を実施。会員間で交流を深めた研修旅行となった。

kawasaki


kawasaki
▲戻る


商工中金全国ユース会