名古屋中金ユース会 セミナーを開催
 

 名古屋中金ユース会(代表幹事:岩田卓也氏、黒野謙太郎氏、河村嘉希氏)では、熱田、豊橋中金ユース会のメンバーも募り、3月12日、名古屋工業会館において、「新しい仕事を生み出す“開発テーマ”の創り方」と題した、名古屋工業大学副学長の江龍修氏によるセミナーを開催し、総勢35名が参加した。
 本セミナーは、ユース会メンバーが抱える「優秀な理系人材の確保」「共同研究への取組み」「自社技術の評価」といった経営課題の解決を目的とし、中部経済産業局の協力を得て、名古屋工業大学の産学官金連携機構に講演をお願いし実現したもの。
 講演では江龍副学長より、会社の存在価値を高める「開発テーマ」づくりには、「自社の要素技術と機能を活かし、誰を喜ばせること ができるのかビジョンを描くこと」が大切であることなどを、分かり易くお話し頂いた。
 また続いて行われた懇親会では、事前課題の「事業承継シート」を各メンバーが江龍副学長に持ち寄り、時に厳しい講評を受けたり、 自社の技術について熱い議論を交わすなど、非常に盛り上がりを見せた。
 セミナー終了後、早速「共同研究への取組み」等について、名古屋工業大学の産学官金連携機構に相談するメンバーもおり、大変有意義なセミナーとなった。

nagoya


▲戻る


商工中金全国ユース会