京都中金ユース会・未来会  北海道にて視察研修旅行を実施
 

 京都中金ユース会(代表幹事:若林智幸氏、小林克彦氏)・未来会(会長:北原茂樹氏)は、平成28年7月8日から10日までの2泊3日で、北海道視察研修旅行を総勢11名で行った。
 現地ではまず会員企業である京都宝製菓株式会社の小樽工場を見学、続いて札幌中金ユース会会員企業である北海道ワイン株式会社の小樽醸造所を見学させていただいた。
 京都宝製菓株式会社小樽工場では、北海道地域で販売されている菓子の製造ラインを見学させていただいた。地域の農産物を原材料に使い、来道した観光客向けに販売することで、地域活性化につながる取組を行っているとの説明を伺った。一企業の地域活性化への取組がまさに重要であり、その積み重ねが大事であることを改めて知ることができた。
 北海道ワイン株式会社小樽醸造所では、製造工程を見学させていただき、北海道産の葡萄だけでワインを造るという浪漫溢れる創業の歴史を伺った。世界有数の豪雪地域でもある北海道でのワイン造りにはさまざまな試練があり、それを克服して国産葡萄100%ワインとして生産量日本一のワイナリーへと育ててきた取組みには、会員一同敬意を表して熱心に耳を傾けていた。工場見学後には、「日本ワインコンクール2016」において銀賞・部門最高賞を受賞したワインの試飲をさせていただいた。
 当日夜は、札幌商工中金ユース会と懇親会を開催。様々な情報交換を行うとともに北海道の美酒に酔いしれ、盛大な懇親会となった。
 翌日以降は、雄大な北海道の自然を堪能したほか、札幌商工中金ユース会との懇親ゴルフ会を開催。遠く離れた会員同士の距離を縮める、大変有意義な3日間となった。

京都

京都
▲戻る


商工中金全国ユース会