松本商工中金ユース会 名古屋中金ユース会・宇都宮中金ユース会との合同企業見学会・交流会を開催

 4月19日、松本商工中金ユース会(代表幹事:遠藤洋一氏)と名古屋中金ユース会(代表幹事:岩田卓也氏)・宇都宮中金ユース会(代表幹事:神成光輝氏)は合同企業見学会・交流会を開催した。
 企業見学会はまず当ユース会OB会員企業であるフジゲン株式会社の大町工場を訪問した。長野県はギター製造業日本一を誇るが、中でも同社は最有力のメーカーである。国内外の有名ブランドギターのOEM製造に加え、自社ブランドギターの開発・製造・販売を行っている。企業見学会の冒頭、同社の上條啓水代表取締役社長よりご挨拶を頂き、各ユース会ごとに見学をスタート。世界レベルの技術力と先進性を兼ね備えた、ギターの木材加工・塗装・組込作業を間近で見ることができた。見学を担当して頂いた同社社員さんの巧みな説明により、帰りにはギターの購入を検討してしまう会員もいるほどであった。
 続いて当ユース会会員企業の大雪渓酒造株式会社を訪問。冒頭、同社の薄井結行専務取締役より、ご挨拶とともに、安曇野の美味しい米と水に拘ったお酒造りの説明を頂き見学会がスタート。あいにく仕込みの時期は終了していたが、貯蔵室、麹室、酒母室へと見学を進める中、薄井専務からの全て撮影OKとの寛大な許可を頂き、会員一同多くの写真をスマホに納めていた。
 その後、築150年の古民家を改修した直営所にて試飲、買い物。すっきり・さらさらの美味しいお酒や、発酵食品として注目の麹で仕込んだ甘酒に舌鼓をうち、また家族や友人へのお土産を買い求めた。
 造り酒屋においては、軒先に新緑の『杉玉』を吊るすことで、新酒ができたことを知らせているが、その『杉玉』を吊るす時季にまた訪れ、色の変化とともに新酒の熟成を楽しみたいものである。
 その後の懇親会では、見学会や今後のユース会交流会の話題で大いに盛り上がり、会員間の情報交換と交流を深める大変有意義な会となった。
 また、翌日は北アルプスの残雪を望むゴルフ場で交流コンペを開催。天候にも恵まれ、3ユース会会員一同大いに懇親を深めることができた。

商工中金全国ユース会